アリシアクリニック VIO 粘膜

アリシアクリニックでは粘膜照射は可能なの?

まず粘膜とはどの部位かと言うと、小陰唇の事を指します。この辺りに毛が生えている人はいないでしょうが、このギリギリの辺りまで生えている場合はあります。ので、気になって仕方がないと言う方もいるでしょう。

 

しかし、このギリギリのラインまで脱毛サロンでは火傷の恐れがあるので照射はしてくれません。
ですが、アリシアクリニックのVIO脱毛では、医療機関ですので、火傷をしないように気を付けながら粘膜まで照射可能となっています。
ただしレギュラープランでは粘膜部位までは含まれておらず、全照射コースで追加料金を支払う事によって脱毛する事が出来ます。

 

 

ちなみに他のクリニックでは「VIO脱毛での粘膜照射は不可」となっている所がほとんどで、
粘膜付近まで毛が生えている人はアリシアクリニックでのVIO脱毛がオススメです。

 

カウンセリング時に、どの範囲までアンダーヘアを脱毛したいのかを看護師さんと相談して、粘膜照射をしてもらうかどうかをあらかじめ決めてから脱毛の契約をしましょう。
粘膜部分だけでなく、Vラインの辺りをツルツルにする?形を整える?
IラインとOラインだけツルツルにしてVラインは毛を薄くするだけなど、個人の希望に合わせて脱毛する事も可能です。

 

その時に脱毛テンプレートが通販で買えますので、希望の形を購入しておくと脱毛時にどこまでの範囲が分かりやすいですし、
間違って毛が少なくなりすぎたなどのトラブルを避ける事ができます。
楽天で色々種類がありますが、粘着タイプではなく毛にからませて付けるタイプが使いやすくてオススメです!

 

アンダーヘア脱毛のテンプレート

 

 

 

 

 

 

Iライン粘膜部位の脱毛の痛み

粘膜部位を脱毛したいけど、気になるのが痛みではないでしょうか?

 

よく言われるのが「輪ゴムで弾かれたような痛み」
痛みの感じ方は人それぞれですので、中にはほとんど痛くなかったと言う方もいらっしゃいますが、デリケートな部位ですので、他の部位より刺激にも弱く痛みも感じやすいものです。
さらに粘膜部位は他の部分よりちょっと肌が黒っぽくなっている事が多いので、レーザーの痛みも増してしまいます。
「この痛みに耐えらない!」という方は照射レベルを下げてもらい、痛みを和らげる事もできますが脱毛効果は下がってしまいます。ですが毛が少しづつなくなっていくとレーザーによる痛みが少なくなってきますので、3回程終わってから通常の照射レベルにしてもらうなど、看護師さんと相談しながら脱毛をしていく事も出来ます。

 

他にはアリシアクリニックでは麻酔を使う事も出来ますが、今まで脱毛に麻酔を使用した人はいない看護師さんがおっしゃってましたので、大抵の人は耐えられる痛みと言う事ですね。

 

VIO脱毛は他の部位に比べると「痛み」だけでなく「恥ずかしさ」もあり脱毛するまでに躊躇してしまいますが、アリシアクリニックのVIO脱毛は紙ショーツがあり、ずらしながら施術をしてくれますし、女性の看護師さんで多くの施術をされていて慣れていますので手際も良く、安心して脱毛が出来るのでオススメです!